生殖医療センターreproductive medicine

  • HOME
  • 生殖医療センター

ごあいさつgreeting

ぬくもりのあるベストサポーターを目指しています。

不妊症とは避妊をしないにもかかわらず1年以上妊娠しないことをいいます。当センターでは1人でも多くの方に幸福を・・・をモットーに、優れた医療設備とスタッフを導入し、患者様1人1人に合った無理のない治療を行っています。そしてできるだけ早いご妊娠・ご出産を迎えられるよう、患者様に寄り添っていきます。


生殖医療センター長 小田 隆司
> 詳しくはこちら
  • 診療案内

    インターネットとお電話でのご予約が可能です。初めての方は「初診の方へ」をご覧ください。

  • 初診の方へ

    まずはこちらをご覧ください。初めての方も安心してご来院いただけるよう心がけています。

  • 不妊治療概要

    不妊原因や女性の年齢によって治療方針が変わります。

  • 治療費について

    診療には、健康保険適応のものと自費のものがあります。

生殖医療センターQ&AQ&A

  • ブライダルチェックはできますか?また可能なら時間や費用はどのくらいかかるでしょうか?
    できます。女性では感染症を調べる血液検査や、子宮癌検診、超音波検査などがあります。費用は費用のページをご覧ください。
    その他、超音波検査や子宮がん検査などのオプションがございます。男性では2,000円 + 税 で精液検査が出来ます(ご予約が必要です)。結果は1時間程度でお知らせします。
  • 40歳を過ぎても不妊治療を受けることは可能でしょうか?実際妊娠された方はいるのでしょうか?
    ご本人の意思があれば可能です。
    しかし、高年齢の方の妊娠率は低くなり、流産率は高くなります。また妊娠中の合併症も増える可能性があります。
    治療自体は、閉経していなければ可能です。
  • 基礎体温のみで排卵日を知ることは可能でしょうか?
    排卵日の目安にはなりますが、最も有効な方法は超音波検査です。
  • 子宮卵管造影検査や通水治療を受けると、妊娠しやすくなりますか?
    子宮管造影や通水治療検査をされた後、6か月間は妊娠しやすいと言われています。
  • 精液検査を受ける場合、どのような手続きをとればいいでしょうか?
    予約専用ダイヤルで”精液検査の予約”をおとりください。(TEL:086-282-7511)
    お電話は、診察時間内にお願いいたします。
    (月)~(日) 【午前】10:00~12:00、【午後】15:00~17:00 <(金)(日)は午前のみ>
    ご来院検査以外に、ご持参でも検査が出来ます。詳細は、お問い合わせください。
  • 1人目はすぐに妊娠したのに、2人目をなかなか授かりません。受診した方が良いですか?
    出産によって女性のホルモンバランスに乱れが生じたり、子育ての中で夫婦生活が十分に持てていないことなどが原因として挙げられます。しかし、一番の原因は女性の加齢だと言われています。

    昔は1人目を出産する女性の平均年齢が20代前半、2~3人目が20代後半から30代前半でした。最近、1人目の出産平均年齢は30代前半になりました。そこから数年、2人目が授かるのを待つうちに30代後半となり、不妊治療が必要になるという流れが増えています。
    年齢とともに妊娠しにくくなるということも頭に入れた上で家族計画を立て、不安があれば早めに不妊外来を受診しましょう。